おそくなりましてーー

東京住まいなので地震の被害はありませんでしたが食べ物が見つかりにくいわたわた状態で、

お知らせが遅くなりまして。

What You’ve Takenのフリー配布期間は終了し、現在はポスターの販売が行われています。

マシュー・テイラー・ラグーリ氏の撮影です。
で、実はこれは125枚限定なのですが、すみませんさっきマシュー氏のtwitterから「後20枚~」とのお知らせが来ました。
価格は12ドル、日本への送料は7ドルぐらいだったと思います。

私もどこに張ったものかと悩んでいるのですが(笑
同い年二人のコラボレーション、(昔は写真を見てマシュー氏をかなり年上だと勘違いしたものだった、、)気に入られたら是非お手元に。

What you’ve taken フリーは(終了)

☆フリー期間は終わりましたが、上のAngelsundercoverのビデオのラストなど、またもちろんDVDをオーダーすれば聞けますので記事はそのままに。☆

歌詞はYoutubeの解説に書かれていますが、
以前とは違った意味での鋭さがあると思います。

簡単に理解したといえないのが(ええ、わたくしの語学力不足もありますが)この人にどきどきさせられるところなのですが、

個人的にはこの部分

Somewhere people laying alone
In beds they are escaping like home
(“What You’ve Taken” Josiah Leming)

に唸りました。以前から大人に聞いてほしいと(もちろん同世代の人にも)叫んでおりますが、あらためて確信しております。

iTunesの壁も今はないことですし、どうかぜひ!

ニューシングル”What you’ve Taken”日本時間月曜よりフリーダウンロード

image1066092644.jpgJosiahleming.comはニューシングルのフリーダウンロードというパワー入った始まり方をするようです。日本時間なら月曜開始、この曲は何度か聞いたことありますが結構おすすめです。
何と言っても日本から同時期に聞けるというのはありがたいことで、

さてどんな出来上がりか楽しみにさせていただきますよ。

新生joshahleming.comまであと6日

えー、今twitterで「あと6日」とのアナウンスがありました。
www.josiahleming.comのリニューアルです。
こちらでは曲のフリーダウンロードもできるとのこと。もともと曲の出版権はジョサイア自身が持っていたからこそ、フリーエージェントの今できることでしょう。
で、これで恩恵を得られるのは特に今までCD発売が遅れていた米国外ファンなんですが、

本来街で普通に流れてきたら惹かれる人も増えるだろうにと思っているものとしては、早いとこいいレーベルがとっつかまえてくれないかなとも思っております。

いや、こういう機会だし急ぐことはないかなとも思うんですが。

さて2011年ですが

現在ジョサイアはサンディエゴでのライブ準備と新Youtubeチャンネル、新プロデューサー探し、

それから公式(彼の場合公式は本人からを意味します)発表ではないのですが新website

(実は新じゃなくて、そのドメインは彼自身がずっと持ってたものでごく最近まで地元時代の

ライブ告知が載ってました。それからfacebookのファンページに直接つながるようにしてあって、で、そのあとの改装予定ですが)

そこで無料で曲が聴けるかダウンロードできるようにするプランのようです。

これはComeOnKidも聞けるか危うい海外ファンには非常に有り難いことですので、そう決まってほしいものですが。(ただし、ずっとではなく、、)

「忙しい一週間がハッピージョサイアを作る」なんてtwitterでいってましたが、いろいろと厳しい状況ではないかと思いますが

たくましく乗り切っていただきたいものです。

サイトに関しては公式発表があり次第まだおつたえします。

Perry Watts-Russel氏の方が先にWBをレイオフされていたらしく…

従ってジョサイアの契約解消も関係あるのかもしれません。(つまりラッセル氏は約束を破ってはいません。過去ポストでの発言お詫び申し上げます)

Everybody, please put Mr. Watts-Russell in your thoughts and prayers.

と、これが今来たジョサイアのtweetですが、それ以上に何かあったんだろうか…

WBでは11月初めにエグゼクティブが相次いで解雇されたようで、会社全体の問題に巻きこまれた気もします。

まずはYoutubeにて再起動。(新チャンネルもできました。)

さて、前のポストに書いたサイトのことはどうなのか不明ですが、なにやら怪しい気がするし怪しい(日本ではという意味で)ことならiTunesUSやAmazon.comでも可能だし、そしてそれはオープンに書けない(オープンに書けるアーティストで居てほしいわけで(泣))と。

そこへ一番怪しくない本人オフィシャルからニュースがやって参りました。

Josiah Leming – Fuck up

YouTube Preview Image

New Videoと新本人チャンネルのおしらせです。

Fuck Upって曲はLive Broadcastでも人気がある曲なんですが、タイトルからしてこれだというCDにはなりにくいものでございます。

歌詞はこのビデオの解説に全部書いてありますのでリンクからどうぞ。

But I am what I am
And that’s all that I am
-From “Fuck Up” Josiah Leming

:)

Come on Kidハードコピー完売だそうです…

今Live broadcastで聞いたところによると完売だそうです…

iTunesUS,AmazonUSでの販売になってるわけですが、

実はもう一つMP3販売サイトを偶然見つけて日本IP&Paypalアカウントでの購入可能だったんですが、これが本人からしてokなのか不明なんです。聞いて見て答えてくれるかどうか。(間接的トライもしてみます)

さてシンガポールでなにをするかというと。

http://www.tab.com.sg/2010/11/josiah-leming/

いたいた。シンガポールのOrchard Hotel内にあるライブハウス(といっても、250-600人収容できるそうで)Tab で、

なんと11/30-12/4まで一日二回のライブをやるそうです。

思わずシンガポール行きのチケットを探しましたがちょっと遅かったですわ(しく

これだけ長く連続でというのもあんまりなかっただろうし、マッチョになってアメリカに戻りそうです。

あと。ComeonkidMerch Teamさんからメールが届きまして、今回のことは「憂慮すべきことに聞こえるだろうが、自分(知ってる人のような気がする)の見解では、「いまの彼には自分の作品を正しくプロモートしてくれるレーベルを探せるという創作的自由がある」

とりあえずインディーズに戻ってというのは視野になければ非常に安心なのですが。非常にでもないけど。
シンガポールは気に入ったようですよ:)

singapole is kicking my ass/blowing my mind all at once.finally got semi caought us on sleep.

まだ正確に訳せないのをお許し下さい~~でもまさに初アジアの感想ですな。ふふふ。とりあえずぶっ飛んでるのはわかります。

ジャケット内側。

CD背面

CD背面