AngelsundercoverのPVがYoutubeから消えた理由

ワーナーミュージックがYouTubeと提携解消、数十万件の動画を削除へ

今更ですが、こちらに理由を見つけました。

何でワーナーブラザースの公式チャンネルなのに著作権クレームとかかれて消されていたか、、、

ジョサイアだけではなく、全員のビデオをYoutubeから引き上げていたそうです、、。

収入が少ないって、それをiTunesで売ってそれ以上の収入を得られたのかどうか。

つまりつまりですね。ワーナーブラザースには何人もジョサイアを息子のようにかわいがっている方がいらっしゃるのですが、経営面になるとやはりこうなっちゃうんですよ、、。

高名な方が多いレコード会社ですが、デビューしたばっかりの奴の、しかも特別なビデオが、人の目に触れる機会をこういうふうにリミットかけちゃうなんて。

ここには「メディアに関する考え方」という問題があると思います。「著作物をネット上で共有する」ことのプラスマイナスを、ワーナーブラザースがどう考えているか。

すでに知られているアーティストの場合、放っておいても探されて購入する代わりに聞けるわけですから、レコード会社にとっては一方的な収入減でしょう。

ところがジョサイアのような新人の場合、最初に知る機会がなくてはならない。それなしににはセールスにつながらない。

そこのところの考え方のすりあわせでYoutubeから広告収入が支払われているようですが、額はしらねども「考えられないほど少ない」

「宣伝媒体である」という考え方はしていないんだろうか??

ほかのボードで流せることもあって、私はよく「おすすめのアーティストは」という質問に(Coldplayが好きだと書いてる人とか、合いそうな人「のみ」ですが)angelsundercoverのビデオを紹介しています。(現在はPV以外のビデオからですが)初めて聴いた人からの反応が、「いい曲でした」「お、この人は?」といううれしいものが多いのです。(ああ、草の根運動)

最初のチャンスを「偶然」からだけではなく、「必然」にもっていくのがアーティストを預かっている会社の仕事でしょう。個々のアーティストに対応した方法をとるのは難しいでしょうが、どう考えても、彼にとってはマイナスであったと思います。

この人自身がやってきたことが、現代のプロモーションの仕方の展覧会のようなもので、MyspaceにSnocapのショップをおき、Youtubeにチャンネルを作り、名前のドメインは自分で所持し、(昔のページが今も存在してます)当人がアメリカ各地で演奏するには「自分自身の住居を移動させる=車の中で生活」、お母様がファンだったという偶然もあって「アメリカン・アイドル」という「メディア」を使う。プラスになったこともマイナスになったこともあったでしょうが。

と、これだけやってきた人に、広報部分を任されて、しかも一つマイナス点をもう作っちゃったワーナーブラザースの広報の皆様。

アルバムの時は期待させていただきますが、よろしいですね?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>